刑事事件

日本版司法取引

日本版司法取引 弁護士 岡田宜智   今年の6月1日から,いわゆる司法取引が日本でも導入されます。 日本の刑事訴訟法では「証拠収集等への協力及び訴追に関する合意」(第2編第4章)とされており,正式には司法取引という語は使われてはいないのですが,報…

少年法適用年齢の引き下げに反対です

少年法適用年齢の引き下げに反対です 弁護士 水口 匠 政府(成人年齢見直しなどを検討する特命委員会)は,少年法の適用年齢を現在の20歳未満から18歳未満とするための改正を検討しています。 これは,選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられたことが背景になってい…

家庭裁判所調査官「陣内さん」

家庭裁判所調査官「陣内さん」 弁護士 河原﨑友太 伊坂幸太郎氏の近著の「サブマリン」を呼んで思ったことを。     「サブマリン」は家庭裁判所調査官である「陣内さん」を中心とする物語。   伊坂幸太郎ファンの方々はご存知のとお…

刑事事件の当事者は対等ではない

刑事事件の当事者は対等ではない 弁護士 岡田宜智   つい先日,私に配転されたある被疑者国選弁護事件についての話です。 接見に行き,事情を色々と聞いたところ,これはすぐに準抗告をした方がいい事案だと思い,翌日には準抗告申立書を裁判所の刑事訟廷に持…

お一人で悩まず、私たち「法律の専門家」にご相談ください。

電話での相談予約:048-833-4621(平日9:00~18:00)

事前予約で土日の午前も相談可。

法律相談詳細はこちら

メールでの相談予約24時間受付。

相談予約フォーム

法律相談のご予約

早い段階で専門家にご相談されることがトラブルの予防・早期解決の第一歩です。

電話での相談予約:048-833-4621(平日9:00~18:00)

事前予約で土日の午前も相談可。

法律相談詳細はこちら

メールでの相談予約24時間受付。

相談予約フォーム

浦和駅西口 徒歩6分
ページトップへ