民事事件一般,執行・保全等

浦和法律事務所では,個人のお客様の多様な法的ニーズにお応えできるよう様々な分野の法律問題を取り扱っています。ご相談の多い事件のうちのいくつかをご紹介いたしますが,下記以外にも,対応している事件は多数ございますので,浦和法律事務所にお気軽にご相談ください。

損害賠償請求

お客様の権利や法的利益が相手方によって違法に侵害された場合,相手方に対し慰謝料・損害賠償を請求し,金銭的な解決を求めることができます。たとえば,夫婦の一方の浮気問題や医療過誤問題などは分かりやすいでしょう。
法律上,慰謝料や損害賠償を請求できる場合は色々なケースが考えられ,浦和法律事務所は,あらゆる種類の損害賠償請求事件に対応しています。

請負契約紛争

一生の買い物だと思ってご自宅の建築を業者に依頼したところ,ご自宅に欠陥があり,建築業者に責任を求めたいといったケースのように請負契約にトラブルが生じることがあります。
浦和法律事務所では,こうした請負契約紛争の事案にも対応しています。

債権回収

個人間のお金の貸し借りや物の売買,またはそれらの契約の連帯保証など,個人間の契約関係に基づいて金銭の支払を求めるケースは多々あります。
浦和法律事務所では,このような債権回収事案につきましても,回収の可能性も考慮した上で,適切に対応していきます。

民事保全

例えば,お金を請求している裁判において,裁判中に相手方が財産を処分してしまった場合,たとえ勝訴しても支払が受けられない事態になりかねません。
民事保全とは,そういった事態を防止するため,あらかじめ相手方の財産処分を禁止する措置をとること等をいいます。
浦和法律事務所では,お客様の正当な利益を守るため,民事保全手続にも適切に対応していきます。

強制執行

例えば,お金を請求している裁判において,たとえ勝訴しても,相手方が任意に支払をするとは限りません。
強制執行とは,相手方が任意に支払わない場合に,強制的に相手方の財産を差し押さえて弁済を受けること等をいいます。差し押さえをすることができる財産としては,預金口座,不動産,給与債権など様々です。
浦和法律事務所では,お客様の最終的な期待に応えられるよう,強制執行手続にも適切に対応していきます。

顧問契約

顧問契約とは,一定額の顧問料をお支払いいただくことで,無料の法律相談適時のアドバイスによって未然に紛争が予防でき,それに加え,いざ紛争が起きた場合には,弁護士費用の割引を受けることができるという契約です。
顧問契約は,一般的には会社などの法人のお客様と契約させていただくことが多いですが,個人事業主のお客様,または純然たる個人のお客様であっても,もちろん契約することが可能です。
また,各弁護士と個別に契約することも,浦和法律事務所と契約することも可能です。
具体的な顧問契約の内容につきましては,お客様ごとにご相談させていただくことになりますが,トラブルの未然防止や,顧問弁護士による迅速かつ有利な法的処理などの安心感をお求めのお客様は,浦和法律事務所との顧問契約をぜひご検討下さい。

お一人で悩まず、私たち「法律の専門家」にご相談ください。

電話での相談予約:048-833-4621(平日9:00~18:00)

事前予約で土日の午前も相談可。

法律相談詳細はこちら

メールでの相談予約24時間受付。

相談予約フォーム

法律相談のご予約

早い段階で専門家にご相談されることがトラブルの予防・早期解決の第一歩です。

電話での相談予約:048-833-4621(平日9:00~18:00)

事前予約で土日の午前も相談可。

法律相談詳細はこちら

メールでの相談予約24時間受付。

相談予約フォーム

浦和駅西口 徒歩6分
ページトップへ