不動産問題はこちら
遺産相続・遺言はこちら
離婚問題・親権争い等はこちら
成年後見・高齢者支援はこちら
詐欺被害・消費者問題はこちら
労働問題はこちら

交通事故はこちら
債務整理・過払金返還はこちら
刑事事件(私選弁護人)はこちら
犯罪被害者支援はこちら
民事事件,企業法務,顧問契約等はこちら


弁護士による債務整理事件の解決(2)

[ 基本編 : 目次( リンク ) ]

  1. 弁護士による借金解決のための手段
  2. 任意整理について <このページです>
    (1) 任意整理とは
    (2) 任意整理のメリット
    (3) 任意整理のデメリット
  3. 個人民事再生手続について 
  4. 自己破産手続について
  5. 過払金の返還請求

2 任意整理について

(1) 任意整理とは

任意整理とは,裁判外で債権者(特に金融業者)と利息や遅延損害金などをカットするよう交渉して残債務の減額を目指し,その上で残った債務を一定期間で分割して返済していく方法です。


任意整理は,基本的に債権者への返済自体は継続していくことになりますが,利息や遅延損害金をカットし,月々の返済額を減額することで,負担を減らし,生活の立て直しを図っていくことになります。

(2) 任意整理のメリット

任意整理をすることによるメリットとしては,次のようなものが考えられます。

 

まず,弁護士が受任した場合,弁護士から債権者に対して受任通知書を送ります。

これにより,債権者からの請求が制限される( 取立てが止まる )ことになるので,毎月の返済に苦しんでいた状況が,とりあえず改善されることが期待できます。

もっとも,これにより債務がなくなるわけではなく,任意整理が終了するまでの暫定的な効果といえます。
また,これは弁護士が受任通知書を出したことによるものですので,他の手続を利用された場合も同様となります。

 

次に,弁護士による任意整理は,裁判所を介した手続ではないので,他の手続と比べて早く解決するケースが多いといえます。

(3) 任意整理のデメリット

一方,任意整理によるデメリットもあります。

 

まず,任意整理は自己破産と異なり,返済を免れる手続ではないため,任意整理を利用するためには,返済できるだけの収入があることが前提になります。

そして任意整理後は,3年~5年の期間内で返済していくことになりますので,この期間内での完済の見込みが立たない場合には,任意整理を利用することはできません。
また,弁護士が受任通知書を送った後は,クレジットカードでの買い物や新たな借金ができなくなります。

もっとも,これも受任通知書を出したことによるものですので,任意整理だけでなく,すべての債務整理の手続に当てはまることになります。
そのほか,任意整理をすることによる日常生活での不自由は,特にありません。

 

任意整理手続は,定期的な収入があって返済することが可能な方,債務額がそこまで高額になっていない方,長期にわたって返済を継続している方にお勧めの制度です。

 

> 「 3 個人民事再生について 」へ続く