不動産問題はこちら
遺産相続・遺言はこちら
離婚問題・親権争い等はこちら
成年後見・高齢者支援はこちら
詐欺被害・消費者問題はこちら
労働問題はこちら

交通事故はこちら
債務整理・過払金返還はこちら
刑事事件(私選弁護人)はこちら
犯罪被害者支援はこちら
民事事件,企業法務,顧問契約等はこちら


弁護士による債務整理事件の解決(1)

1 弁護士による借金解決のための手段

毎日を真面目に生活している方であっても,病気,ケガ,失業,賃金切り下げ,事業の不振など,突然の事情によって借金を負ってしまうことは,残念ながらあり得ます。
また,ギャンブルやブランド物の購入などで借金を重ねてしまう方もいるかもしれません。

 

借金(債務)は返済していくのが原則になりますが,返済しきれなくなるほどに膨らんでしまった場合や,収入が減少してしまった場合には,整理しなければ,生活が成り立たなくなってしまいます。

そこで,法律上の手続などを利用して債務整理をしていく必要が出てきます。

 

返済しきれなくなった債務を整理する手段としては,

  1. 任意整理
  2. 個人民事再生
  3. 自己破産

の3つを挙げることができますので,以下に各手続の内容をご紹介します。

 

なお,ここでご紹介する内容はあくまで一般的なものになります。個別的な事情への対応方法などにつきましては,ご相談にいらした際にご説明することになります。

 

 

浦和法律事務所では,知識・経験の豊富な弁護士が,相談にいらした方それぞれの具体的な事情をうかがい,債務整理をする必要があるのかどうか,また,どのような手続を利用するべきかを親身になって考え,最善の手続を取っていくことで,生活の立て直しのお手伝いをさせていただきます。
おひとりで悩むことなく,まずはご相談にいらしてください。

 

> 「 2 任意整理について 」へ続く