平成最後の・・・

弁護士 柳沢里美

 

今年も残すところあとわずか。

平成30年が終わります。

来年は平成31年,平成最後の年です。

今年の5月以降は,季節もののイベントの度に,「平成最後の○○」という表現を頻繁に見聞きします。

イベントに限らず,毎日が平成最後の〇月〇日だと思うと,感慨深いです。

 

これまで年月日を記載するときの西暦と元号の使用頻度は,だいたい半々くらいでした。

年月日を記載するときの西暦と元号の使い分けは,これまではあまり意識していませんでしたが,ここ最近は,西暦よりも,残り少ない「平成」の元号を頻繁に使っています。

 

ところで,裁判所に訴訟提起や調停申立をすると,事件ごとに事件番号が付けられます。

例えば,「さいたま地方裁判所平成30年(ワ)第○○号」というように表記され,これは,さいたま地方裁判所が平成30年に○○番目に受け付けた通常の民事訴訟事件(括弧内は事件の種類を表し,(ワ)というのは通常の民事訴訟事件です)というように特定されます。

裁判所に提出する書面を作成する際には,大抵この事件番号を記載します。

そのため,弁護士になってからは,年月日の記載とは別に,「平成」を頻繁に使っていました。

元号が変われば,この事件番号も新しい元号となるため,意識せずとも頻繁に使うことになると思います。

 

馴染みの平成が終わってしまうのは少し寂しく感じますが,新たな元号が何になるのか気になります。

新たな元号の発表はまだ先のようですが,新しい時代への希望に満ちた素敵な元号になることを期待しています。