ベルマークを集めよう!

事務局a

 

先日,PTA活動の一環としてベルマーク運動説明会に参加しました。

普段,何気なく集めているベルマークですが,自分の子どもの学校の備品を購入できるだけではなく,社会全体で取り組めるボランティア活動であることをはじめて知りました。

 

ベルマーク運動は,1957年,へき地校の先生たちが,戦後十数年が経ってなお整わない教育環境について,朝日新聞社に苦境を訴え援助を求めた結果,1960年にへき地学校などの教育設備の整備・充実を目的とする「財団法人 教育設備助成会」(現・公益財団法人ベルマーク教育助成財団が設立されたのが始まりだそうです。

 

ベルマーク預金(1点=1円)を使って設備品・教材を購入すると,その商品を扱う協力会社から代金の10%が財団に寄付され,へき地学校や特別支援学校(養護学校,盲学校,聾学校),被災校,海外への教育支援の資金になる仕組み。

 

災害援助(1984年度三宅島噴火による被災校支援から始まり,近年では2011年度~東日本大震災による被災校支援,2016年度熊本・大分の被災校に対する支援など)にも積極的に取り組まれていて,東日本大震災関連の支援は2017年度までの7年間で延べ1622校に対し計4億6823万円相当の支援,さらに現在も支援は続いているそうです。

 

自分の子の通う学校の設備を良くすることが,もっと困っている子どもたちへの支援に自動的につながる!素晴らしい仕組みだと思います。

 

学校に通う子どもがいなくても,大丈夫!(^^)!

誰でもベルマーク運動はできるのです。

(残念ながら,参加学校以外は,ベルマークを集めても預金にすることはできないため,個人がベルマークで商品を購入することはできませんが。)

近隣の参加校に贈る,回収箱が置いてある公民館やスーパーなどで回収箱にお届けする方法,財団に直接寄贈することもできます。

 

また,数年前からは「一般社団法人ウェブベルマーク協会」が主催・運営している「Web Bellmark」ではWeb Bellmarkのサイトを経由して,いつものネットショッピング(「楽天」「ロハコ」「ベルメゾン」「じゃらん」「アスクル」等40以上のネットショップ)をするだけで,支援ができる!という画期的な支援方法も!!

マイページ登録は,メールアドレスとパスワード登録のみで,住所や生年月日などの個人情報の登録は不要なので安心です。

支援する学校を指定した場合,50%が指定した学校のベルマーク預金へ残りの50%は被災校支援に役立てられ,支援する学校を指定しないで利用した場合は,生み出した支援金はすべて被災校支援に役立てられます。

 

少しでも興味を持たれた方は,【ウェブベルマーク 登録】で検索してみてください。