Googleストリートビューと現地調査

弁護士 河原﨑友太

 

 

土地に関するご相談,交通事故に関するご相談などを受けた際に,お話だけでは現地の状況が分からず,イメージを掴みにくいときがあります。

そんなとき,Googleストリートビューで現地を検索すると,現地の状況をざっくりと確認できて,非常に助かります。

 

ただし,やはり写真は写真。

現地に行くとだいぶイメージが異なるということが度々あります。

 

特に,道幅は,写真を見て狭いイメージをして現地に行って,「思ったより道幅があるな~」と思うことはしばしばです。

 

Googleストリートビューでは把握しきれなかったミラーを発見できたり,道路標識を確認したりということもあります。

もちろん,土地の境界石などは,現地に行って,場合によっては土を掘ったり,払ったりしながら探す必要があります。

 

ということで,Googleストリートビューさんには大変お世話になっていますが,やはり自分の目で見て確認するのが一番ですね。