外来生物

事務K

 

 

今年の5月,神戸港で陸揚げされ,その後,兵庫県尼崎市に運ばれたコンテナから南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が日本で初めて発見されました。

 

環境省が全国の港湾を対象に調査したところ,神戸ポートアイランド,名古屋港,大阪港,大井ふ頭,春日井市,横浜港本牧ふ頭,博多港,大分県など全国各地でヒアリが確認されています。

 

ニュースなどからヒアリの毒による「危険性」が報道され,何やら恐ろしくやっかいな生物がまたも日本に入り込んできてしまったとの印象を受けたのではないでしょうか。

 

発見されたヒアリはすべて駆除されたようですが,専門家によるとヒアリと他の蟻の区別は肉眼では難しいうえ,ヒアリの女王蟻は一日に数千もの卵を産むらしく,森林よりも市街地などで繁殖する実態があるようです。

 

海なし県の埼玉で暮らしているとはいえ,どの程度までヒアリが広がっているのかわからない状態では,警戒を怠らないことが肝要。畑や庭仕事では長袖,長ズボンに手袋は必須ですね。

 

但し,ヒアリに刺されるとアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が出るものの,死亡例は少ないようです。

 

ヒアリのニュース後,殺虫剤メーカーの株価が上昇したなんて報道もありましたが,蟻殺虫剤をむやみに使用すると,ヒアリの天敵である在来の蟻をも駆除してしまうことになるので,確実にヒアリと判別できるまで薬剤の使用は控えた方が良いそうです。

 

アメリカではヒアリ駆除のために殺虫剤を大規模空中散布した結果,在来の蟻をも駆除してしまい,飛来したヒアリの新女王蟻の巣作りの絶好の環境を作って,却ってヒアリの蔓延を招いたという失敗例があるようです。

 

我が家の庭にも大量の蟻の巣があり,ヒアリニュースをみた直後だったもので,思わず蟻殺虫剤を巣穴に散布してしまいましたが,これはまずかったかもと反省しています。

 

自然界には自然界の法則があるので,人工的なもので自然の法則に手を入れるのは愚かなことと言われている気がします。

 

生態系に配慮し,農薬や薬剤への依存を減らす。

ヒアリに学ぶ夏でした。