お酒値上げ

弁護士 柳沢里美

 

 

お酒の販売に新たな規制がかかりました。

昨年成立した酒税法及び酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律の一部を改正する法律により,次のような基準が設けられました。

 

(公正な取引の基準)

酒類業者は,次のいずれにも該当する行為を行ってはいけません。

(1)正当な理由なく,酒類を総販売原価(売上原価+販売費・一般管理費)を下回る価格で継続して販売すること

(2)自己又は他の酒類業者の酒類業者の酒類事業に相当程度影響を及ぼすおそれがある取引をすること

 

これまではスーパーやディスカウントショップなどで,お酒が原価割れの金額で安く販売されていることがありました。

しかし,今年の6月以降はこれが禁止されたのです。

私が6月に入ってからいつも買い物しているスーパーでお酒を購入したときは,少しだけですがすでに値上げされていました。

今後,さらに値上げされるかもしれません。

 

消費者の多くは,お酒を安く販売しているスーパーなどで購入します。

そのため,街の酒屋さんなどの販売店の経営は苦しくなり,その数はどんどん減ってしまいました。

今回の規制は,そのような販売店を守ることに狙いがあるようです。

しかし,スーパーなどの利便性は価格だけではないので,今回の規制で果たして消費者が街の酒屋さんに流れるのかは疑問です。

 

何にしても値上げは消費者にとって困ります。

晩酌習慣のある者にとって,お酒の値上げによる打撃は小さくありません。

これを機にお酒を控える人も増えるのではないでしょうか。

私も,…検討しようと思います。