親の合唱団

事務局a

 

最近の私のストレス解消法。

それは,長女の高校のPTA&後援会メンバーで構成された「親の合唱団」で,楽しく歌うことです。

 

長女が通っていた高校は,PTA活動が盛んな学校で,平成28年度優良PTA文部科学大臣の表彰を受けたほど。

 

PTA・後援会活動の一つである「よりみち講座」という企画からこの合唱団は生まれました。

講座参加者らの「1回きりの企画で終わらせたくない」そんな思いから,合唱団が立ち上げられたそうです。

 

合唱団のメンバーは,とにかく多彩な方たちばかりです。

とくに贅沢だと感じるのは,

歌唱指導&指揮が現役のオペラ歌手として活躍中の先生

ピアノ伴奏&アレンジが全日本ピアノ指導者会(ピティナ)指導員の先生

という本格的なお二人にご指導いただいていることです。

お二人とも,保護者仲間!というところも,この合唱団の魅力のひとつ。

 

胸郭を膨らませるように息を吸い込んだり,鼻や頬骨のあたりで声の響きを感じてみたり,合唱前のレッスンも奥が深く楽しいです。

 

 

先日は,さいたま市岩槻区内の老人施設に慰問に伺いました。

 

プログラムはこちら↓

 

1. 歌う時代劇 水戸黄門

※ 寸劇あり

 

2. 懐かしの昭和歌謡ショー 

①リンゴの唄

②見上げてごらん 夜の星を

③高校三年生

 

3. 365日のマーチ

 

4. アメリカン フィーリング

 

アンコール

花は咲く

 

*********

さいたま市社会福祉協議会のボランティア登録をしているため,かなりの数の施設からオファーがあり,もうすでに,来年のこの季節の慰問スケジュールまで決まっております。

 

楽しみながら,こころとからだの健康のため,長く続けていきたいなぁ~と思っています。