憲法ミュージカル,復活!!

事務局a

 

この夏の大ヒット映画「君の名は。」
この映画のワンシーンに,主人公 三葉とその祖母,妹らが組紐を編むシーンがありました。
組紐が編みこまれていく映像を見て,ふと思い出した光景があります。

 

それは,舞台の天井から吊り下げられた何色もの長い布を両手に持ち,歌い踊りながら編み込んでいき,一つの組紐を作り上げていったシーンです。

 

上記シーンは,1996年 埼玉憲法ミュージカル「I LOVE 憲法」vol.4のクライマックスシーンです。

 

映画のなかの組紐と,遠い記憶のなかの舞台上の色とりどりの布が重なりあった時,何ともいえないあたたかさが心に広がりました。

 

私は,1993年から1996年までの4年間,縁あって埼玉憲法ミュージカルに出演者として関わらせて頂いた経験があります。

 

何年かぶり(何十年ぶり?)に懐かしの憲法ミュージカルを思い出したそのすぐ後に,知人から来年5月に埼玉県と東京多摩地区の2つの地域が手を繋ぎ,憲法ミュージカルの再演に向け,出演者の募集が始まったことを知らされました。

 

すると,よみがえってくる思い出の数々。

 

一般公募で集まった仲間たちは,声楽を習っている人,ダンスの先生,テレビのちびっこ歌合戦での優勝経験のある方…etc.子どもからお年寄りまで,多彩で個性豊かな老若男女たちでした。

 

2年目以降は,9月頃から出演者グループの有志たちで,自主練習としてボイストレーニングやダンスの稽古を始めたり,稽古の合間に「お誕生日会」「山登り」「ビデオ観賞会」「ハイキング」「バーベキュー」「花火大会」「I LOVE スキーツアー」など,楽しい時間を共有したことがとても懐かしいです。

 

ミュージカルのなかで取り上げられた主なテーマは,私が出演していた時期だけでも,PKO・戦後補償・「従軍慰安婦」・管理教育・不当解雇・教科書検定・福祉と医療・薬害エイズ・水俣・環境破壊・阪神淡路大震災・オキナワ…と,じつに多様なテーマの数々でした。

 

しばらくお休みとなっていた憲法ミュージカルですが,国会などで改憲に向けた論議が進みつつある現状に対し,当時の出演者ら声により,市民参加のミュージカルを復活させることが決まったそうです。

 

ご興味のある方は,「憲法ミュージカル」で検索してみてください。
関連記事がたくさんヒットします。

 

さて,今回は,2007年に東京多摩地区で沖縄をテーマに上演された「キジムナー」をリニューアルしての再演となるそうです。
キジムナーは,沖縄でガジュマルの木にすむと伝えられる妖精で,その目を通して沖縄の歴史などを見ることで,戦争や平和,民主主義や地方自治の問題が浮かび上がってくるという内容とのこと。

 

少し先の話ではありますが,来年の5月が今からとても楽しみです。

 

※公演日程※
2017年5月
20日(土) 埼玉会館 大ホール  夜1回公演
21日(日) 埼玉会館 大ホール  昼1回公演
27日(土) たましんRISURUホール 大ホール(立川市)   昼夜2回公演

憲法ミュージカル出演者募集ビラ(表)
憲法ミュージカル出演者募集ビラ(裏)

ダウンロード
憲法ミュージカル出演者募集ビラ(裏面申込用紙)
2017年5月開催の憲法ミュージカル出演者募集ビラの裏面(申込用紙)です。ダウンロードしてご利用ください。
憲法ミュージカル チラシ 裏.pdf
PDFファイル 211.8 KB