私の知らないイヤホンの世界

弁護士 守重典子

 

タイトルが某番組名の真似になってしまいました……。

 


さて,私は音楽を聴くことが好きです。
あまり知られていない曲から,今年の流行語にもなりそうなPPAPまで(笑)いろいろと聴きます。
どこかに出かけるときはもちろんですが,イヤホンをつけながら部屋の掃除をやったりもします。
なので,イヤホンをどこかに引っ掛けてしまい,断線して壊してしまうことも多々あるのです。

 

つい先日も,いつものごとく,イヤホンの右側だけ聞こえなくなってしまったため,近くの家電量販店のイヤホン売り場のコーナーに行きました。

 

棚には千円以下から万単位の値段のイヤホンまで様々なものが――。

 

上記のとおり,私はイヤホンをだめにしてしまうことが多いので,「どうせイヤホンは消耗品」と考え,いつも安いイヤホンを購入していました。

しかしこのときは,試しにいつものよりちょっと良いやつを買ってみようかという気になり,普段買っているもののワンランク上のもの(と言っても+1000円ほどですが)を買ってみました。

 


「どうせ大して変わらないんだろうな~」なんて思いながら,家に帰って早速,新品のイヤホンで音楽を聴いてみると,

 


あれ……
なにこれ……
音の聞こえ方が全然違う……!!!

 


特に,ベースなどの低音が今まで使っていたイヤホンよりも響いてよく聴こえてくる感じでした。
イヤホンなんて何使っても同じなんて思っていたのが間違いでした。
奥が深かったですイヤホンの世界。
軽く見ていましたイヤホンの世界。

 

というか,1000円違うくらいでこれほど違うって,万単位のイヤホンは一体どんな音がするものなのやら……。
気にはなりますが,一度,お高いイヤホンで聴いてしまうと,現在使っているイヤホンに戻ってこられなくなる気がしたので,それは我慢しようと思っています。
もし,値が張るイヤホンをお使いの方は,聴き心地を教えてください(笑)