般若心経

弁護士 柳沢里美


私の家の近くにお地蔵さんが祀られています。
私は,毎朝,お地蔵さんの前を通るのでお参りをしています。

 

先日,私がお地蔵さんにお参りをしようとしたら,先におばあさんがお参りをしていました。
おばあさんはお地蔵さんの近くに寄って,小さな声で何か唱えていました。
私もお参りをすると,おばあさんが唱えているものが,聞き覚えのあるお経であることに気が付きました。

 

般若心経です。

 

般若心経は,子どものころに祖父が唱えているのをよく聞いていたので,全部覚えました。
今でも覚えています。
ただ,耳で覚えたので,その意味については全く理解していませんでした。
学生のころも,般若心経の意味について改めて勉強しようと思ったことはありませんでしたが,私の好きな芸人が書いた般若心経の解説本をもらったことがあります。
しかし,せっかくもらった解説本も,冒頭だけ読んで,ずっと本棚に置いたままでした。

 

私にとって般若心経は祖父との思い出です。
ちょうど今のような暑い時期,夏休みで祖父の家に行ったとき,お仏壇の前で祖父と一緒に般若心経を唱えていました。
般若心経を思い出したせっかくの機会なので,本棚にある解説本を読んでみようと思います。