初ブログ

弁護士 岡田宜智

 

初めてブログを担当させていただくことになりました,弁護士の岡田宜智です。

 

浦和法律事務所に入所して早1か月。

この1か月で大分事務所にも慣れてきたような,そうでもないようなという感じです(笑)。

 

さて,ブログを書こうと意気込んでみたものの,何を書けばいいのやら。

日記をつけようとしても大体三日坊主で終了。

流行に乗り遅れ,TwitterやFacebookのようなSNSもやっていない。

そんな私がブログを書くというのだから,記事を書くのも一苦労です。

 

文章を書くということでいえば,苦労するのは,何もブログの文章ばかりではありません。

当然ながら,弁護士という仕事をしていく上では,訴状等,様々な書面の作成が重要なウエイトを占めます。

書面の起案に着手したのはいいのだけれども,この一文は何か違う,別の表現の方が良くないかな,などと考えだすと,全然筆が進まなくなります。

書いては消し,書いては消しを繰り返す無限ループに陥ってしまうのです。

なんとかやっとの思いで完成にこぎ着けたかのように思えても,いざ出来上がった文章を読み返してみると,「??」。

結局,最初に書いたものよりも分かりにくいものが残るという悲しい事態になることもよくあります。

あれこれ考えすぎなのでしょうか。

 

実はこのブログの記事も,二転三転しております。

私が過去に担当した事件の被告人から,つい最近手紙をもらい,嬉しい思いをしたので,そのことを書いてみたり,先日受講したばかりの裁判員裁判の研修の話を書いてみたりしたのですが,うまくまとめられず,没に。

結局,上記のような面白味もへったくれもない文章が出来上がってしまいました。

つくづく文章力ないなぁと思ってしまいます。

今後は,このブログの投稿を重ねるごとに,文章力の成長の跡を示せればいいなと思っている次第であります。

 

これからどうぞよろしくお願いいたします。