取り調べを可視化したら見えてきたこと

弁護士 吉岡 毅

 

3月5日に宮崎県宮崎市で開催された日弁連主催の「刑事弁護経験交流会」に,埼玉弁護士会・刑事弁護センター運営委員会委員として参加してきました。

1月末に金沢で犯罪被害者支援全国経験交流会に参加して来たばかりですので(詳細は,「 弁護士吉岡毅の法律夜話 2016年2月29日 寄り添う心と支援の距離感 」をご覧ください),なにかと地方への出張が続いています。今年は,今後もしばらく続きそうです。

その分,日常業務が忙しくて目が回るような,でもやっぱりなんとなく嬉しいような……。

 

 

今回の刑事弁護経験交流会のテーマは「取り調べ可視化」の応用編です。

 

ここ最近になって,やっと警察や検察での取り調べの様子が,ごく一部ですが録音・録画されるようになりました。

今まで密室で好き勝手にやられていた無茶・無謀な取り調べが,取り調べ可視化の対象となった事件に限ってですが,目に見えて減ってきています。

暴言や甘言,暴力,騙し,強請,おだて,丸め込みなどなど,およそ「任意」とはほど遠かった違法な取り調べが,少なくとも記録カメラの前では,少しずつまともになってきているのです。

 

 

……さて,この話を聞いて,「そりゃあ,そうだろうなぁ。」と思いますか?

それとも,「あれ? なんで?」と思いますか?

 

警察でも検察でも,自分の取り調べがカメラで記録されていると分かっているのだから,変な取り調べは(たとえカメラの前だけであっても)一切しなくなるのが当然ですよね?

 

でも,なぜか取り調べは「少しずつ」まともになっているのです。

つまり,カメラの前でも,任意とは到底言えないような無茶な取り調べが,今もまだなされているということです。

 

なぜなら,当の取調官本人が,自分の取り調べ方について,「違法だ」という認識をそもそもきちんと持っていないからです。

なので,記録カメラがあると分かっていても,つい今までのクセが出てしまう……だけではなく,「(今までのような無茶はしていないから)このくらいなら許されるだろう」と思って,違法な暴言や騙しを今でも「許されている」と思ってやってしまうのです。

 

録音・録画された取り調べの映像が,DVDやBD(ブルーレイディスク)の形で,裁判員裁判の法廷で再生されて取り調べられるようになり,その結果,取り調べの任意性が否定される事件が現実に出てきています。

 

 

第三者(裁判官や裁判員)から見れば,あの手この手で無理矢理に自白調書に署名させているようにしか思えない取り調べなのに,取り調べている本人には,まったくそんなつもりがない。怖いことです。

 

まして,今までの,否,今この瞬間にもカメラのない場所で行われている「ごく普通の取り調べ」で,一体どんな違法なことが行われ続けているか,想像に難くありません。

 

ところが,裁判官は,普通の取調べこそがおかしいということを,弁護人がいくら言っても信じてくれません(信じていないフリをします)。違法な取り調べの証拠がないからです。密室なので,ビデオカメラで可視化されない限り,証拠は残らないのです。

取り調べる方はいくらでも録音も録画もできるのに,あえて密室で証拠を残さず取り調べをしていること自体が問題なのですから,もし証拠がないというなら,むしろ「バレたら困ることを何かしているに違いない」と考えるのが普通の感覚だと思うのですが。

 

そうした違法な捜査,無茶苦茶な裁判が当たり前の日本の現実であることは,実際にやられたことのある人と,経験ある刑事弁護人,そして,周防正行監督の映画「それでもボクはやってない」を真剣に見た人だけが知っています。