鹿児島強姦えん罪事件 ~DNA鑑定に翻弄される刑事裁判(1)

弁護士 吉岡 毅

 

鹿児島市内で発生した(とされた)強姦事件について,平成28年1月12日,福岡高等裁判所宮崎支部で,逆転無罪判決が出されました。

 

被害者(とされた女性)が嘘をついていたようですが,それ以上に問題なのは,捜査機関が被害者の嘘に沿った滅茶苦茶な証拠を作ったり,公判担当の検察官が有利な証拠を作り出そうとして,密かに証拠破壊を伴う鑑定をしたりといった行為が繰り返されていたことです。

 


この事件は,被害女性が見ず知らずの犯人について「人違い」をしてしまった事件ではありません。
被害女性が事件当時に被告人と一緒にいたことは,争いがありません。
被害女性が,被告人に強姦されたのかどうかだけが問題となった事件でした。

 

一審は,当時17歳の被害女性の供述を全面的に信用し,被告人であった男性(23歳)に懲役4年の刑を言い渡していました。
(ちなみに,強姦罪は裁判員裁判事件にはなりません。)

 

被害者の膣内からは事件直後に精液が採取されており,警察がDNA鑑定に回していました。

 

警察側の鑑定人は,精液が微量すぎて判断できなかったと証言する一方で,鑑定に使った精液や鑑定の記録,メモなどをすべて廃棄していました。
これは,警察の内規等にも反する,明らかに不自然な鑑定手続でした。

 

しかし,被害女性は,被告人に強姦される前の性交渉は,当時の彼氏との間で1週間以上前にしたのが最後だったと主張していたため,一審の裁判官はそれを信用しました。

 

一審判決は,それが誰の精液かは全然分からなくても,被害女性が事件まで1週間以上ほかの男性と性交渉していない以上,被害女性の膣内に精液を残せたのは被告人だけだ,と判断したのです。
結局,一審判決の決め手は,「事件まで1週間以上ほかの男性とは性交渉していない」という被害女性の言葉を信じるかどうか,それだけだったと言えます。

 


控訴審では,残っていたわずかな資料から再鑑定が行われました。
無罪判決の決め手は,そのDNA再鑑定です。
DNAは,被告人とは別の男性のものでした。
微量で判断できなかったという警察の主張も,科学的にあり得ない結果だと分かりました。警察による証拠のねつ造か,もしくは,通常あり得ないレベルの不適切(稚拙)な鑑定をしたか,です。
また,被害女性は,事件の直前に別の男性と性交渉したことをずっと隠し続けて,被告人に強姦されたことにしていたのです。

 

被害女性の供述には多くの矛盾があったようですが,一審の裁判官はこれを無視して,被害女性の供述はとにかく信用できると断言していました。

 

 

ところが,明確な結論と思われるDNA再鑑定が出ても,この事件は決着しませんでした。

 

( 次回,「 鹿児島強姦えん罪事件 ~DNA鑑定に翻弄される刑事裁判(2) 」へ続く )