「起業してベンチャーで戦う後輩達」

弁護士 板垣雅幸


先日,大宮にあるコアワーキングスペース7Fという場所で,ベンチャーピッチ(短いベンチャー事業のプレゼンイベント)が行われ,出席してきました(コワーキングとは,事務所スペース,会議室,打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指します「wikipediaより出典」。)。


そのイベントが終わった後,ある方から「板垣さんじゃないですか。」と声をかけられました。

顔を見てすぐわかりました,大学で同じサークルの後輩だった「N君」です。

私がN君に対して知って情報は,大学卒業後新卒で某有名ITベンチャーに就職したということだけ。あとの情報は,全く知りませんでした。


何やら話してみると,N君は現在新卒で就職したITベンチャーを辞め,大学の同級生と2人で,日本全国に散在する本当に価値のある良いモノ(製品)を見付け,生産地や生産者の魅力を余すことなく伝え,購入するだけではなく,各生産地に実際にヒトが流れ,体験し繋がりを持てる,「セコリ百景」というECサイトを運営しているとのこと(文字ではわかりづらいので,「セコリ百景」とインターネットで検索してみてください。)。

ベンチャーは辛いこともあると思いますが,是非頑張ってもらいたいです。


ちなみに,私が大学時代に所属していたサークルは,全体25人程度のごく普通のオールラウンドサークルでしたが,N君も含めて起業をした又は起業に関わった後輩が2人います。大学時代には,あのサークルから2人も出るとは思いませんでした。

私も公務員を辞めて弁護士になりましたが,人間将来どうなるかはわからないものです。


ただ,いつでも「チャレンジ精神」を絶やさないことは大切ですね。やはりチャレンジしている人のほうが,私は魅力的に映りますし,実際に魅力的なことのほうが多いです。