不動産問題はこちら
遺産相続・遺言はこちら
離婚問題・親権争い等はこちら
成年後見・高齢者支援はこちら
詐欺被害・消費者問題はこちら
労働問題はこちら

交通事故はこちら
債務整理・過払金返還はこちら
刑事事件(私選弁護人)はこちら
犯罪被害者支援はこちら
民事事件,企業法務,顧問契約等はこちら


弁護士による遺産相続問題の解決(1)

[ 基本編 : 目次( リンク ) ]

  1. 相続問題,遺産分割争いとは? <このページです>
    (1) 相続問題と弁護士の役割
    (2) 相続・遺産分割手続の基本的な流れ

上記のボタンから,特集・専門分野編として,「事業承継と遺産相続問題」をお読みいただけます。より専門性の高い分野で経験のある弁護士をお探しの方にお勧めします。


1 相続問題,遺産分割争いとは?

(1)相続問題と弁護士の役割

相続は人が亡くなることによって始まります。

身近な人の死はとても悲しいものですが,残された家族はその死を受け止めて,相続のための様々な手続を進めなければなりません。相続では面倒な手続や難しい問題がたくさんあります。

また,仲が良かったはずの家族や親族が相続でもめて遺産分割争いとなってしまうこともあります。

 

いざという時ために事前に行っておける準備として「 遺言書の作成 」があります。

弁護士に依頼して自分の希望が確実に実現するような遺言書を作ることができます。

また,相続人は誰なのか,遺産は何があるかなどの調査も弁護士に依頼することでスムーズに行うことができます。

相続人の間で遺産分割協議をする場合に,弁護士に「 遺産分割協議書の作成 」を依頼することもできます。

話し合いで遺産分割が進まない場合には,弁護士が代理人となって「 遺産分割の調停 」を申し立て,調停にも同行することができます。

 

相続で悩まれたら一人で抱え込まずに,浦和法律事務所の弁護士に相談して一緒によりよい解決を目指しましょう。

(2)相続・遺産分割手続の基本的な流れ

相続・遺産分割手続の基本的な流れは,次のようになっています。

 

 【 相続・遺産分割手続の流れ 】

  • 遺言書の作成 (生前に行っておくべき準備,遺言書の種類,作成時の注意など)
                ↓
  1. 相続の開始 (被相続人の死亡)
              ↓
  2. 相続人と遺産の範囲の確定・相続放棄の検討 (法定相続人,遺産に含まれないもの,相続放棄など)
          ↓
  3. 遺産分割協議 (法定相続分,遺産の分け方を話し合いで決める,遺産分割協議書の作成)
              ↓
  4. 遺産分割調停・審判 (協議では決まらない場合の家庭裁判所の手続)
  5. 遺留分減殺請求
  6. 遺産相続に関するその他の裁判

以下,この手続の流れにしたがって,それぞれの手続や言葉の意味をご説明し,各段階での弁護士の役割をご紹介します。

 

> 「 2 弁護士による遺言書の作成と紛争予防 」へ続く