不動産問題はこちら
遺産相続・遺言はこちら
離婚問題・親権争い等はこちら
成年後見・高齢者支援はこちら
詐欺被害・消費者問題はこちら
労働問題はこちら

交通事故はこちら
債務整理・過払金返還はこちら
刑事事件(私選弁護人)はこちら
犯罪被害者支援はこちら
民事事件,企業法務,顧問契約等はこちら


弁護士による犯罪被害者の支援(1)

[ 目次( リンク ) ]

  1. 犯罪被害者支援とは? <このページです>
    (1) 犯罪被害と弁護士による支援活動
    (2) 犯罪被害者支援活動の流れ
  2. 事件化段階と捜査段階の被害者支援活動
  3. 裁判・判決確定・出所後の被害者支援活動

1 犯罪被害者支援とは?

(1) 犯罪被害と弁護士による支援活動

犯罪被害者 」( 被害者 )とは,ご自身や近親者などの生命・身体・財産などの法律上守られるはずの利益を不当に侵害されている人です。

 

私たち誰もが,ある日突然に,犯罪の被害者となってしまう可能性があります。

いったん犯罪被害者という立場に追い込まれると,何の落ち度もなくても,言葉に表せないくらい本当に苦しい状態になってしまいます。しかも,自分では何をどうしたらよいのか分からないことがほとんどです。
そのため,犯罪の被害を受けた人に寄り添い,法律が認めるあらゆる支援と保護を尽くすことができる弁護士(「 被害者代理人 」)が必要になります。

 

浦和法律事務所には,犯罪被害者支援を専門的に扱うエキスパート弁護士を含め,被害者支援活動について実績と経験のある弁護士(男女とも複数)が在籍しています。
勇気を出して,当事務所の弁護士にご相談ください。

(2) 犯罪被害者支援活動の流れ

犯罪被害者の方を弁護士が支援し保護する活動(「 犯罪被害者支援活動 」)は,刑事事件の一般的な流れに従って,次のようになります。

 

 【 犯罪被害者支援活動の一般的な流れ 】

  1. 「 事件化 」の段階 (被害届・告訴状の提出,保護命令,給付金申請など)
          ↓
  2. 「 捜査 」の段階 (捜査協力,情報の入手,示談交渉,マスコミ対応など)
          ↓
  3. 「 公判 」の段階 (刑事裁判傍聴・記録入手,被害者参加,損害賠償命令など)
              ↓
  4. 「 判決確定・出所後 」の段階 (処遇や出所情報の通知,民事裁判など)

以下,この一般的な流れにしたがって,それぞれの手続や言葉の意味をご説明し,各段階で弁護士は一体どのような被害者支援活動をするのか,ご紹介します。

 

> 「 2 事件化段階と捜査段階の被害者支援活動 」へ続く