不動産問題はこちら
遺産相続・遺言はこちら
離婚問題・親権争い等はこちら
成年後見・高齢者支援はこちら
詐欺被害・消費者問題はこちら
労働問題はこちら

交通事故はこちら
債務整理・過払金返還はこちら
刑事事件(私選弁護人)はこちら
犯罪被害者支援はこちら
民事事件,企業法務,顧問契約等はこちら


後遺障害等級認定への異議申立(1)

[ 特集・専門分野 : 後遺障害等級認定への異議申立 ]

  1. 後遺障害の等級認定手続と機関 <このページです>
    (1) 後遺障害等級認定の手続
    (2) 後遺障害等級の認定機関
  2. 後遺障害の等級 
  3. 後遺障害の等級認定に対する異議申立 
  4. 後遺障害認定に関する裁判(訴訟) 

上記のボタンから,「基本編 : 弁護士による交通事故問題の解決」を最初からお読みいただけます。


1 後遺障害の等級認定の手続と機関

(1) 後遺症と後遺障害

  1. 後遺症とは
    医学的治療を受けたにもかかわらず症状が完治せず,これ以上治療を続けても改善が見込めない状態を「 症状固定 」と言い,症状固定後もなお残った症状や痛みを一般的に「 後遺症 」と言います。
  2. 後遺障害
    後遺障害 」とは,後遺症のうち,その症状を労働能力の喪失が生じているかどうかという観点からとらえたもので,後遺障害の等級認定を受けたものを指します。
     ※ 後遺障害の等級は,自動車損害賠償保障法施行令の別表第1及び第2に定められています。

(2) 後遺障害等級認定の手続

  1. 事前認定(加害者側の照会による認定)
    加害者が任意保険に加入している場合,担当医作成の自賠責保険後遺障害診断書を任意保険会社に提出して申請します。
    提出を受けた保険会社は,自賠責損害調査事務所に等級の認定を委ね,その審査結果に基づいて賠償金の額を決定し,支払うことになります。
  2. 被害者請求(被害者の直接請求による認定)
    被害者が,直接,加害者が加入している自賠責保険会社に,担当医作成の自賠責保険後遺障害診断書等の資料を添えて,損害賠償請求することにより,等級認定を受ける方法です。

(3) 後遺障害等級の認定機関

後遺障害の等級認定は,損害保険料率算出機構(保険会社からは独立した特殊法人)の内部組織である自賠責損害調査事務所が行います。
認定(審査)には通常2~3ヶ月かかりますが,認定結果については,その理由とともに,保険会社から,「後遺障害事前認定結果のご案内」等の書面で通知されます。

 

> 「 2 後遺障害の等級 」へ続く