不動産問題はこちら
遺産相続・遺言はこちら
離婚問題・親権争い等はこちら
成年後見・高齢者支援はこちら
詐欺被害・消費者問題はこちら
労働問題はこちら

交通事故はこちら
債務整理・過払金返還はこちら
刑事事件(私選弁護人)はこちら
犯罪被害者支援はこちら
民事事件,企業法務,顧問契約等はこちら


弁護士による債務整理事件の解決(5)

5 過払金の返還請求

過払金(過払い金)とは,債権者に対する債務の返済として,本来支払わなければならない額以上に支払ってしまったお金のことをいいます。


平成22年より前は,金融業者(サラ金業者やカード会社)が法律上認められている利息以上の利息を設定して貸付をしていた時期があったため,この設定に基づいて借入れや返済を長期間にわたって継続していた方は,本来返済しなければならない額以上のお金を支払っていることが考えられるのです。

その様な場合には,金融業者に対して,払いすぎたお金の返還を請求することになります。

この請求のことを過払金請求(過払い金返還請求)といいます。

 

もっとも,平成22年6月に出資法等の改正法が施行されたことにより,これ以降の貸付については,サラ金業者等が法律で定めている以上の利息を設定して貸付を行うことができなくなりました。

過払金が発生しているかどうかにつきましては,借入の時期や金額,返済の期間や返済額などをもとに,法律に基づいた計算方法によって算出されるものですので,まずは弁護士にご相談ください。

 

過払金の請求をすることにより,返済の負担が激減したり,払い過ぎたお金が手元に戻ってきたりする可能性もありますので,心当たりがある場合には,是非一度弁護士にご相談ください。

  

> 「 弁護士による債務整理事件の解決 」終わり